Vision&Story

【Vision】

旅を通じて、

自分らしく生きる人を増やす。

【Story】

「なんか違和感があるな。」

8年間勤めた旅行会社で、7,000人を越える旅の手配をしてきたが、年々そう感じることが増えていた。



相手の顔を見ることなく企画部がツアーを作り、その「商品」を別の人が販売する。パンフレットの中から「自分に合っていそうな商品」を探す。旅を扱う仕事なのに、旅をする機会が年々減っていくスタッフも、非日常を求めているのに、日常のように制限が多い旅に、お客さんもどこか違和感を感じているようだった。でも忙しいからと、違和感に蓋をして、目先の売上と効率を追い求めて日々を過ごしていた。



ある日、身体を壊して70日間入院した。

久しぶりに空をずっと眺めていたら、心の声が聞こえてきた。

本当に小さな声で。



「これが求めていた仕事なのかい?」


一つ深呼吸した。


答えは、「NO」だった。


しかし、大きな会社でそれを追い求めることが難しいことは、身に染みてわかっていた。


だったら、自分で新しく創ればいい。

「行って、終わり。」ではなく、もっと自分の心が震えるような「体験」をする旅。

こういう経験を持っている人は、人生に迷わない。

一時的に迷ったとしても、必ず自分で舵を取り、荒波を越えていく。


自分で人生をコントロールすることが、自分らしく生きるコツだ。


その感覚を得る「原体験となる旅」が創りたい。


そのためには「ハタチ」という多感な時期に、

「ひとり」で体験すべきだと思った。


「自分らしく生きている」と感じる人が増えたら、この国はもっと良い国になる。


あなただけの物語を乗せて、この素晴らしい地球を旅する。

その旅が、これからの人生を更に輝かせてくれる。


そんな有機的な旅を創りたいんだ。


全員がこういう旅を求めていないことは知っている。

気軽に旅をしたい時もたくさんある。

でも、少なくとも僕は、こういう仕事がしたかった。

新しい一歩を踏み出す旅だけに、自分の時間(=命)を使っていきたかったんだ。

僕は、自分も旅したい気持ちはあるけど、それ以上に、旅人の救いになる仕事がしたかったんだ。



遠くへ行けば行くほど、長い時間旅をすればするほど、

人は自由な生き方を選択する力を身につけていく。


体験こそが全てだ。

地球には、想像を絶することが溢れている。



この星を、もっと楽しもう。

自分自身を、もっと楽しもう。



死ぬまで、自由に生きるんだ。


そのはじめの一歩になることができたら、最高だ。



佐野健人