【4カ国目】チリ

縦に細長い国、チリ。

そこには砂漠から絶海の孤島まで、地球の神秘に溢れていた。

<イースター島>

モアイが暮らす島で久びさにチャリに乗る。


風がめっちゃ強いけど

やっぱチャリはいいねぇ。


夜で真っ暗になって泣きそうだけど

やっぱチャリはいいねぇ。


想像よりもずっと大きいモアイたちが見てくるけど

やっぱチャリはいいねぇ。


風に吹かれながらゆっくりできるから自転車は好きだ。

おれにはこいつのテンポが一番合うみたいだ。


あぁ、またみんなでチャリ旅行してぇなぁ。


それにしても、このモアイたち。

本当にすごいものは、シンプルでも見ていて飽きないんだな。


動き出せよ!

お前はどこへでも行けるんだろ?


動けば変わるとは限らないけど、

動かなければ何も変わらないぜ?


そう言う彼らは、どこを見ているのだろう。

なぜ口をつぐんでいるのだろう。


ただそこに佇む。

なんの意味があって?なにを目指して?


世界はロマンに溢れていた。


自分のこれまでの人生を肯定してあげよう。


「どれもが自分にとって必要だった。」


そう思えた途端、意識がスッと前を向く。

そして妙に気分が高揚してくる。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000