【9カ国目】オランダ

風車とチューリップの国、オランダ?

良い意味でそんことはなく、もっとファンキーでカッコいい国だった。

宿の食堂でギターやり始めたら、

「なんだ?なんだ?」って感じで何人か集まってきて、

一緒にメシ食いながら話して、街へ繰り出した。


自分でアクションを起こせば

人は自然と集まってくる。

自由。

自分の体、心の欲求に素直になっている時間。

ただのフリーな時間とは違う、意志を持って創りだした時間のこと。


自由。

なんでも好き勝手にすることじゃない。

「自由とは自分に責任を持つこと。責任を持たないのは、自由ではなくわがままです。」

By自由な校風だった高校の担任の先生


さまざまな人種の人と、さまざまな年齢の人と、

バーで、部屋で、星空の下で、酔っ払いながら互いの価値観を交換し合う。

その時の成長の具合は学校なんかの比じゃないね。

教科書が教えてくれていたのは、ほんの表面部分だけだった。


そういえば、どういうわけか、日本では一個人としての話をすることって少ないし、

聞くこともほとんどない気がする。


おれらは普段、何の話をしているんだろう?

今回の旅はドミトリー(相部屋)に泊まることが多かった。安いからね。まあ、うるさかったり、セキュリティに気を遣ったりと大変なこともあったけど、知らない人と気軽に話せるのは良かった。


いろんなドミトリーを利用しているうちにある法則に気がついた。

白人→夜帰ってくるのが遅い。

黒人→荷物がめちゃ少ない。

黄色人→朝が早い。

これはけっこう確率高いと思う。


にしても、同じ部屋で黒人とも白人とも一緒に過ごすと、

性格や生活習慣の違いはあるにせよ、同じ人間なんだなって実感した。

それがなぜかすごくほっとした。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000