【17カ国目】イギリス

紳士の国、イギリス。

でも何よりもすごかったのは、この国に集まっている世界中の叡智だった。

<大英博物館>

ヨーロッパを見てきた後の大英博物館はヤバい。

実際に現地で見たものが、知識として目の前にある。

「あの遺跡ってそういう背景があったんだ。」

「あそこって、実は重要な場所だったんだ。」

こういうことが本当の学ぶってことなのだろう。


教科書で見ていたものが目の前にある。

胸の高鳴りが抑えられない。


ロゼッタストーン、ハンムラビ法典、エジプトの遺産に、日本の浮世絵まで。

おれ、やっぱり歴史好きだ。

「知り合い」ではなく、個性・能力を共有できる「友達」。


「友達」って人数じゃない。

本当に信頼できる人が一人でもいれば、それはとてもラッキーなこと。


友達100人なんていなくていい。

途中で帰りたくなったこと?

そりゃ、何回もあるさ(笑)

特に腹が減っていて日本の食事思い出しちゃった時とか、日本にいる友達の事を思い出した時とかが一番帰りたくなるけど、その都度「最後までやるんだ!」って自分に言い聞かせてた。

このまま中途半端で戻ったら、きっとみんなと腹の底から笑いあうことができないと思ったから。そんな想いが支えになっていた部分もある。

それに、やるっていざ覚悟を決めると、体が軽くなる気がして、スーっと余計な事が体の中で小さくなっていく感じになるし。

そのあとには必ず「なんじゃこりゃ!すげぇ!」って思える瞬間が待っていたから、帰らなくてよかったけどね。

悩むな、考えろ。

考えすぎるな、動き出せ。


食ってみて、聞いてみて、触ってみて、見てみて、歩いてみて、ダマされてみて、ずっと一緒にいてみて、離れてみて…。


簡単なことだ。

やればわかる。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000