【18カ国目】オーストラリア

「気持ちいい」そう何度も笑顔があふれた国、オーストラリア。

ここはまた仲間で来たい。そう思った唯一の場所。

「気持ちイイ!」

何回感じただろうか?暖かいし、晴れてるし、湿気は少ないし、きれいだし、自然は雄大だし、治安も良いし…。ここオーストラリアは思っていた通り、おれにとってかなり心地良いとこだった。グッと日本に近づいてきたっていうのもあるんだろうけど、もうホント気が抜けたべ。


でも一つ誤算が。

それは、ここは一人で来るとこじゃないって気づいたこと苦笑。

みんなで来てハシャぐのが一番楽しそうだ。

ハネムーンの人も結構いたけど、それも良いよね。


てことで早々にアジアへ移動した。

今回の旅で訪れたとこはかなり満喫しているから、しばらくは行かなくてもいいやって思うとこが多いけど、ここだけはまた来たいと思った。


いつかきっと、あいつらとさ。


それに一人きりで歩くには、この世界はやっぱり広すぎるよ。

[ある日の日記より]

今のうちに世界のすごいとこ、面白いとこを見たかった。この20歳という多感な時期に、世界を体験することは今後大切だと思ったし、仕事を決めるうえでも様々な生き方を実際見ることは必要だと思ったから。おれができるぎりぎりまで視野を広げて、それからしぼっていきたかった。仕事って男にとってすごく大切なものだと思ってるから、中途半端に、わけわからないうちに決めたくなかった。特におれみたいに明確なやりたいことがないやつは危ないと思った。レールに運ばれて普通のやつになっちゃうって強く思った。

まあ、毎日刺激的だし、自分と向き合う時間が取れたこと、自分で生きていく力がついていること、人はきっと本質は優しいって思えたこと、日本が大好きだしすごい国だって気づけたこと、家族や仲間、日常の大切さに気づけたこと、お金の重要さ、そして何より五体満足で生まれ、この若さで世界を旅できる環境に身を置けている自分の幸せを心から実感できたこと。

こう見てみると「当たり前じゃん」って思えるけど、なかなかリアルに感じることができないことが、自分の一部として「当たり前」になったことがきっとめちゃめちゃ良いことなんだ。今はよくわからないけど、そんな気がするんだ。

「価値観が変わったか?」たまに聞かれるけど、きっと答えは「No」だ。「変わった」というより「上がった」「広がった」って感じかな。はっきり言って、旅くらいで180°人生変わるような生き方はこの20年してきてないと思うし、今までに出来ていたベースで物事・出来事を処理するわけだから、やっぱ積み重ねってことになるよな。もちろん「全然変わってない」とは言い切れないと思うけど、「広がった」の方がしっくりくる。たまに旅人がなんかのコメントで、「この旅で今までの人生観がガラッと変わりました!」みたいなこと言ってる人がいるけど、逆に今までの人生どんだけ退屈だったんだろうって思っちゃうな。もちろん人それぞれ興味があることや感じ方が違うから、おれの判断でしかないけど。

地球は広い、世界は狭い。人は違っているけどきっと同じ。自分の強さと無力さ。

一見矛盾してるようだけど、なぜか確信がある。


まあ、「おれの中で何が大切か。」

それがわかってきただけでこの旅は十分だったのかもしれないな。

でも一人の長旅は当分いいや笑。

楽しくなくても楽しいフリをして、失敗しても成功したフリをする。

するとそのうちに演じた通りになる。


環境なんかすぐ変わる。

環境が変わるんじゃない、自分が変わるんだ。


同じ場所でも心の持ち方次第で、違う場所に思えてくる。


環境なんか簡単に変えられる。

人が変われば環境は変わる。環境が変われば人が変わる。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000