【アメリカ4回目】ハワイ

日本人が大好きなハワイ。

そこには確かに、日本人を惹きつける何かが存在していた。

常夏の楽園、ハワイ。

グアムとは違った意味でなめていた。

「そんなミーハーなところで楽しめるのか?」と。


楽しめました笑。


まろやかな雰囲気、心地良い風、きれいな海、独特の文化、フレッシュな食事。

それに日本語通じるし…。

日本語が通じすぎて、英語で話せば良いのか日本語で話せば良いのか、よくわからなくなった。たまにある、こっちが英語で相手が日本語になるっていうやつ。

ワイキキの辺りは快適だけど、どこか忙しなくて、やっぱり少し田舎の方が落ち着いた。

そういえば、サーフ文化とかハワイアンミュージックとか好きだったなと思い出す瞬間がたくさんあった。


きっと日本人が惹かれるのは、快適さやお手軽さだけではなく、僕らが失くしてしまったものを、この島はまだ隠し持っているからなんだろう。


寄せては返す波。

うねるマグマ。

堂々と地に根を張る植物。


焦ることなく、競うことなく、ただ完璧に。

ただ、そこに在る。忘れていた感覚。


「そうだ、僕らも自然の一部だ。」


自然と共に、生きていこう。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000