【イタリア・フランス2回目】

両親と弟を連れてイタリアとフランスを巡った。

喜んでいる顔が、印象的な日々だった。

「旅行会社に勤めてるんだったら、どっか連れて行ってよ。」

そんな親の一言から渋々始まった今回の旅。


プレミアムエコノミーで、ホテルは高すぎず立地いいところで、治安が悪くないところ。

全て手配して、現地では添乗員をやって、食費は出してもらったけど、まあ疲れた笑。


ただ、テレビで見る度に「行ってみたいなー」と言っていたところに、実際に足を運ぶことができたのは楽しかったみたいだ。考えてみれば、家族4人で旅行なんていつ以来だろう。


よくわからないけど、一つ親孝行というものができた気がする。

今までは自分が中心の旅ばかりだったけど、最近は自分が引っ張る役の旅が増えている。

これも力がついてきて、他人に与えることができるものができたって証拠だけど、

勝手気ままにフラフラとどっか行ってしまいたい気持ちもある。


いろんな旅を経験して、いろんな文化を体験して、そしていろんな人と出会って、

理解できる幅が広がってきた。人の気持ちがよりわかるようになった。


歳を重ねることはネガティブなイメージがあるけど、僕はどんどん面白くなっている。

仕事も遊びも旅も、新しいことをやっていくことがその秘訣みたいだ。


渋くてかっこいい、少年のようなじじいになりたい。

イタリアとフランスではそんなオヤジが溢れていた。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000