【24か国目】フィリピン・セブ

世界で2番目に島が多い国、フィリピン。

たった2つの島しか行くことができなかったけど、やっぱり島旅は楽しい。

4時間30分。日本からセブまでの所要時間。

正直あっという間だ。

なんとなくグアムやハワイのような「The リゾート」を想像していたけど、

結構アジアの地元感があって、いい意味で期待を裏切られた。

何よりフィリピン、異様に落ち着く笑。

今回は高級ホテルに泊まったんだけど、堅苦しさは一切なく、スタッフもフレンドリー。

欧米と違って背格好が似てるからかな?フィリピンと日本の交流は結構あるけど、その理由がなんとなくわかる気がした。親しみやすい。


滞在はとても気持ちの良いものだった。

飯もどこか味付けが日本風だし、きれいな海、ワイルドな森。

そして島ごとの多彩な顔。

セブから2時間くらいフェリーで行く、定番の観光地ボホール島にも行ったけど、小高い丘が連なるチョコレートヒルズや、世界一小さな猿ターシャなどを見るよりも、移動中の田んぼだったり、川だったり、はたまた民家やそこで生活している人を見ている方が楽しかった。

まるで日本のようだ。

日本も発展している都市部よりも、少し移動したところに、本当に面白いもの、美しい景色、美味しい食事がある。しかもそれがまだ世界的にはあまり知られていない。

フィリピンにも日本にも、それぞれ改善していかなければならないことはあるけど、アジアにはまだまだ魅力が溢れている。世界的に流行の禅やミニマリズムなど、思想的にも見直されている今、アジア内で争っている場合じゃない。


世界を考える前にアジアを。さらに言えば、アジアを考える前に日本を。日本を考える前に地元を。地元を考える前に家族を。家族を考える前に自分を。そして自分を考えることは世界を考えることだと気づく。一つ一つ、自分ができることを着実にクリアしていこう。そんな思いが体を駆け巡っていく。フェリーでフィリピンの海に揺られながら。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000