【スペイン3回目】バスク

スペインではあっても、独特の文化を維持するバスク地方。

そこでは美しい自然と絶品の食事が待っていた。

憧れの地、バスク。

まずはサンセバスチャンから。

メシ旨っ!海きれい!街の雰囲気抜群!ドンピシャの街でした。

カメラのシャッター押しまくり。

街と自然と文化がうまく融合している感じで、滞在していて心地いい。

まだ4月末でオンシーズン前だったから人も少なかったし。

好きな街ランキング第2位です。

1位はタウランガ。

ビルバオは「カッコいい」街。

アートが溢れていて、以前は重工業の街だっただけあって無骨な感じ。


でも工業が廃れてきて、じゃあアートで盛り上げようってした人、めちゃくちゃセンスあるな。それに賛同した市民もすごい。生き方の基準が日本とは違う。こういうことを知って感じることが旅の醍醐味だよな。

へー、ゲルニカってビルバオから1時間くらいのところにあるんだ。とりあえずの気持ちで訪れてみたけど、穏やかで小さな街で落ち着いた。ヨーロッパのこれくらいの規模感の場所が好きだ。ゆったりしてて、人生を楽しんでる感じ。「平和」ということを身をもって体感できる地だった。

あと結構感動したのがビスカヤ橋。

120年以上前にこんなものを作った人の力に感動するし、さらにそれが今も現役である歴史の重みに震えた。情熱を持って作られたものは、必ず美しい。

&Journey

旅を通じて、 自分らしく生きる人を増やす。 ハタチのひとり旅を創るサービス。

0コメント

  • 1000 / 1000